2008年05月06日

縮景園

広島城から東へ直進。
前回の広島旅行の時には行けなかった

【縮景園(しゅっけいえん)】

に行ってみました。
数多くの景勝を縮めて表現したことからつけられたその名の通り、非常に密度の高い庭園です。

入ってすぐに牡丹園…行ったときは咲いていませんでしたが…

純日本風の庭園かと思えば、

南国?

こんな場所があったり…。

〜〜

園内中央には大きな池があり、その周りを反時計回りに一周することにします。

縮景園悠々亭と三連橋

映波橋、昇仙橋、望春橋と3連続の橋小さなを渡って、その先に見えるのが【悠々亭】。

縮景園全景

この橋の上から池全景が見渡せます。なかなかよい景色です。

橋を渡りきったあたりにあるのが有年場。
ごく小さな田で、藩主自ら田植えをして五穀豊穣を祈願したそうです。

縮景園大銀杏

そこから階段を上っていくと原爆に被爆・生き残った大銀杏の木。
高さ17m、樹齢200年以上だそうです。

再び下って池の畔に建つ四阿・悠々亭へ。

縮景園悠々亭内部より

池に半ば突き出すように建っているため、水上の景色がよく見えます。
この種の庭園には珍しく、自由に中に入って池の景色を楽しむことが出来ます。

縮景園明月亭.jpg

そのままさらに湖畔を歩いていくと、また別の四阿【明月亭】。
窓に車輪が使われている、面白いデザインです。

縮景園馬場.jpg

庭園の西側には馬場があり、その片側は梅林になっています。
もちろんこの時は梅は咲いていませんでしたが…。

縮景園清風館

さらに小さな池や植え込みの間を抜けて進むと清風館前に出て、これで1周。清風館は残念ながら中の見学は出来ず。しかも雨戸のようなものが閉まっていて中を窺うこともまったく出来ませんでした。

縮景園跨虹橋

清風館前から池の真ん中を跨ぐように架かっている橋が跨虹橋。
中央部にアーチ。高さは人の背程度ですが昇り口はかなり急で、しかもツルツル滑るので恐くて登れませんでしたorz
堅固な石造りで、原爆の爆風に耐えたそうです。

面積は前日に見学した後楽園よりずっと小さいと思うのですが、配置が巧みで盛りだくさんな印象。一周するだけでいろいろな風景を楽しむことが出来ました。

〜〜

というわけで縮景園の見学終了。
庭園を出たところでちょうどタクシーを捕まえることができたので、次は平和祈念公園へ。

〜〜

【縮景園】
http://www.manabi.pref.hiroshima.jp/shukkeien/
広島県広島市中区上幟町2-11
市電『縮景園前』下車、徒歩1分
市電の駅から見て広島県立美術館の奧です。
開園時間
4-9月:9-17時
10-3月:9-18時
休園日:年末年始
入園料:250円

タグ:広島県 広島
posted by MAX CARTER at 16:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 庭園・公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。