2008年05月05日

後楽園

路面電車で【城下】駅まで移動し、そこから徒歩で後楽園へ。
旭川の岸にでると、目の前に後楽園!

後楽園全景

後楽園は、旭川が大きくS字型にカーブをした箇所の広大な中州にあります。

月見橋

鉄橋を渡っていよいよ中へ…

…と思ったら、正門はぐるっと半周回った先と看板が…。

そこは地元の人の散歩道になっているようです。
数分歩いて正門前へ。
正門の真向かいに県立博物館があるので、あとでそちらも見学することにして共通チケットを購入。いよいよ中へ入ります。

〜〜

入ってすぐ。
どこからか、ちょっとかわった鳥の鳴き声が聞こえてきます。
空からではなく、地上の高さから。

丹頂鶴

声のする方に行ってみると、ツル(丹頂鶴)の飼育舎が。
なぜこんなところに???

〜〜

馬場

続いて、裏通りのような長く真っ直ぐな道に出ました。

観騎亭

少し言ったところに建物があり、【観騎亭】と立て札が。
どうやらここは馬場、つまりウマを走らせるコースのようです。
観騎亭とはその名の通り、家臣達の乗馬の芸を見るための場所なのですね。
さすが武家の庭園。

〜〜

沢の池

庭園の中央と思われる方に歩き、大きな池の畔に出ました。
これが沢の池。後楽園の中央に位置しています。
後楽園はほぼ平坦な土地の上に作られている上、木や建物が兼六園や後楽園に比べて少なめです。
芝生が多いのも特徴です。

そのため、この位置から庭園面積の半分以上を見渡すことが出来ます。

御野島

池にはいくつかの島があります。
これはそのうちの御野島。

〜〜

ソテツ畑

池をぐるっと回って歩いていくと、なぜか南国っぽい場所が。
ソテツが江戸時代から植えられていたのでしょうか?

戦国の人物

歩いているうちに、なぜか武者の格好をした人たちに遭遇。
ついて行ったら殿様や忍者まで登場。
ゴールデンウィークの特別企画だったようです。
簡単なプロフィール紹介の後、武者・忍者さんたちと一緒に記念撮影タイムがあったのですが、長蛇の列が出来てしまっていたので断念(笑)
殿様の格好をしている方は、本当に殿様(池田家?)の末裔らしいです。

その他、
桜のエリア(4月に来たらキレイだったのでしょうね…)

お茶畑

お茶のエリア(ここで取れたお茶が園内で販売されています)

井田

田んぼのエリア(7月に【お田植え祭】があるそうです)
などのエリアが。

ダイナミックな仕掛けの多い兼六園に比べると地味ですが、四季折々の自然を楽しむことが出来そうな庭園でした。

〜〜

新殿

園内の建物の1つ『新殿』の内部は普段は非公開らしいのですが、これまたゴールデンウィーク特別企画として中で紙芝居観賞をする事が出来ました。
内容は、入ってまもなくの場所で見た丹頂鶴について。
江戸時代から園内で丹頂鶴が飼われていたのですね…。

紙芝居製作、演者はボランティアの人々。
台詞を何人もで割っているのですが、ときどき忘れてしまう人がいるのか、
小声で『いまここですよ…!』と台本を指さしながら隣の人にささやいていたり。

新殿から外を見る

殿から園内を眺めた様子。
窓は南西を向いています。撮影したのは正午近くですが、夕刻になればきれいな夕日が見えるのでしょう。

今度は裏通りのような場所に入ってみます。
先ほど渡った月見橋の近く、竹林の中にあるのが御舟入跡。現在は直接見ることは出来ませんがこのほぼ真南に岡山城があり、そこから船で渡ってきた場合の船着き場跡です。
先ほど歩いてきた外の遊歩道は大正時代に追加された物だそうで、そのために現在は入口がふさがれ、水も入ってきてはいません。いまは人もあまり来ない、静かな場所になっています。

〜〜

大立石

続いて、大立石。
ヒビが入っているように見えますが、実はこれはもともと1つの大きな岩だったものを分解して園内に運び込み、再度組み立てた物だそうです。
なんとも豪快な造園!

〜〜

再び池に沿って半周。

延養亭

園内で一番大きな建物である延養亭の前に出ます。
観光客は中に入ることは出来ませんが、この位置からは園内が一望できる物と思います。庭の造形も見事。
…5月5日だけに鯉のぼりが飾られていました。

というわけで、これで後楽園一周。
機会があれば、次は違う季節…桜か菊か冬景色か…を見てみたいですね。


〜〜

【岡山後楽園】
http://www.okayama-korakuen.jp/
JR岡山駅より徒歩25分
路面電車東山行『城下』下車 徒歩10分
年中無休
4月〜9月 7:30〜18:00(入園は17:45まで)
10月〜3月 8:00〜17:00(入園は16:45まで)
入場料:350円(博物館との共通券440円)
タグ:岡山県 岡山
posted by MAX CARTER at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 庭園・公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。