2009年08月26日

東京都水の科学館

ふと気が向いて、お台場にある

東京都水の科学館

へ行ってみました。

場所はお台場〜有明間を結ぶ夢の大橋の近く。ゆりかもめが一回りする輪の中心部です。
…賑やか、という意味ではなく地理的な中心、どの駅からも半端に遠いのが難点w

直線距離で一番近いのは【国際展示場正門】駅。

大塚家具の脇を通って5分ほど歩くと…

建物外観

周りは空き地で、ぽつんと建っているという感じなんですよね…
高架の上は交通量が多いのですが、水の科学館の周りは人も車もほとんど通っていません。

噴水

建物の脇には小さな水路が。

この施設の見学は無料です。
受付でパンフレットをもらって見学開始!

…の前に。

パスポート製作機

ここで『パスポート』をつくっておくと展示室内のゲームができるそうです。

アクアガーデン

1階の展示はこれだけ。
手前に銀色のワニがいて…右寄り奧の方にいるのはダチョウでしょうか…左寄りのさらに奧に4つ足動物らしき物が見えますがもはやなんだかわからず。
中央の水たまりからときどきミストが出てくるのですが…全体的に意味不明…。

〜〜

2階へあがってすぐ、【アクア・ラウンジ】と名付けられたエリア。

生活用水の量

生活の中で使う水の量をご存じですか?

風呂の水の量.jpg

たとえば入浴一回でつかう水の量は200リットル以上!

水博士

こちらの水博士が最新技術で測定したそうです(笑)。
(CVはヤッターマンのボヤッキー等で有名な八奈見乗児さん?)

食べ物の中に含まれる水

こちらは、食事の中に含まれている水の量。
ラーメンが多いのは当たり前か…。

クイズもありました。

クイズ

満点w

2階のもう一つのエリア、【アクア・テクノロジー】は、やや高度な水関連の技術。

半透膜

逆浸透膜を利用した淡水の生成

ラジエター

ラジエターの実験。ラジエターを通ると3〜4℃温度が下がっている様子を体感できます。

制震実験

水槽を取り付けた方が早く揺れがおさまる、制震装置の実験。
以前、地震関連の展示でも同じ物をみたような…。

ウォータージェット

高圧の水を用いて洗浄から材料の切断までを行うことができる装置。さすがに切断まで圧力を上げると危険だからか、清涼飲料水の缶の塗装をはぎ取る実演を行っていました。

〜〜

3階には体感シアターと実験工房がありました。

まず体感シアターの【アクア・プラネット】。
光と音のデモンストレーションに始まり、
続いてマスコットキャラクター、チャップくんが案内する激流下り体験。シートが画面に合わせて動くのでそれなりに楽しいかも?…といっても、内容はかなりあっさりした物でした。


そして実験工房【アクア・ラボラトリー】。

水を入れたビーカーを真空中に放置したらどうなる?
…最初沸騰、まもなく凍ってしまうんですね。

水の全反射

水の中から水面を見ると全反射が起こるという実験。

レーザー光

レーザー光線が、曲線を描いて流れおちる水の中を通っていくという実験。

巨大シャボン玉

巨大シャボン玉。青い円形の台は人間が充分たてる大きさです。
対比物がないので判りにくいですが、高さ1mほどのシャボン玉ができています。うまくやれば全身シャボン玉にすっぽり入ることも可能。

…恐ろしく空いていたためか、解説員の方が撮影を手伝って下さいました…

〜〜

そして最後。
【アクア・ツアー】。

水の科学館の地下には、実際に臨海副都心一帯に水を供給するポンプ設備があります。それを見ながら、水道設備の構造を学ぶというガイドツアー。

集合時刻。

僕しかいません(笑)

係員
『ええと、このツアーは基本的に小学生向けなので…
   童心に返って楽しみましょう!』

見学コースにはいろいろな演出があるのですが、まぁそれが子供向けと言うことです。マスコットキャラクターのチャップくんが登場していろいろ説明をしていくという筋立て。

カメラに向かって手を振ったり、
キャラクターと会話したり、

…まぁこういうときは子供に戻った気分になれた方が勝ち?

本物の上水道ポンプを見る機会は他にはないと思われるので、これは貴重な経験でした。

〜〜

時間の決まっている実演・体験は、

体感シアター上映(アクア・プラネット)
毎時00分、15分、30分、45分
所要時間10分

減圧実験(アクア・ラボラトリー)
毎時00分、15分、30分、45分
所要時間5分

地下施設見学(アクア・ツアー)
毎時00分、15分、30分、45分
所要時間30分

ウォータージェット実演(アクア・テクノロジー)
毎時00分
所要時間5分

ウォータージェット以外は15分ごとにやっているので全部回るのは難しくないと思います。

〜〜

全体として小中学生の社会科見学むけの施設のような感じですが、大人でも知らない・見たことのない物もあるので、一度見学してみる価値はあると思います。

〜〜

【東京都水の科学館】
公式サイト:http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/water/pp/kagakukan/kagaku.html
所在地:東京都江東区有明2-4-1
交通:
  ゆりかもめ【国際展示場正門】徒歩8分
  りんかい線【国際展示場】徒歩8分
  都バス
    浜松町駅より【虹01・東京ビッグサイト】行き
    東京駅より【東16・東京ビックサイト】行き 
    門前仲町駅より【海01・東京ビックサイト】行き
  に乗車、【フェリー埠頭入口】徒歩5分
開館時間:9:00〜17:00(16:30最終入館)
休館日:月曜(祝日の場合は振替)、年末年始
入館料:無料
見学所要時間:2時間(実演をすべてみる場合)

posted by MAX CARTER at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博物館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
・サイズの大きな写真は複数の写真を並べて合成したものなので、接続部で色合いが違う・わずかなズレが生じている・全体的に湾曲していることがあります。
・このブログは個人が旅行・見学の感想を書いているものであり、記事中に登場する各施設の公式なコンテンツではないことはもちろん、記事中に明記されていない限り各施設を運営する団体・職員とも一切関係ありません。
・価格、所要時間、展示内容その他記事中で紹介されている事項は変更されている場合もあります。必ず各施設の公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
・本ブログ記事の情報を利用したことにより直接的あるいは間接的な損害が発生したとしても、当ブログ著者・サイト管理者は一切責任を負いません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。